blog.tmp.work

副業などのお話

「サイレント・セールスマシン」読了

前回記事に書いた通りの新しい読書の方法論に従って読んでます。

  • 1冊の本から1つのビッグアイディアを見つける

という本当の付き合いかた。2〜3冊読んだ程度では効率も本質も掴みきれない部分があると思うため、繰り返し練習をしていきます。

今回の本は「サイレント・セールスマシン」です。アメリカではAmazonで購入できるようですが、これは翻訳本なので日本のAmazon.co.jpでは買えません。私はナイチンゲール・コナント・ジャパンで買いました。

ここはメルマガに登録していて、毎日来るメールで面白そうな本が紹介されていたら買う感じなので商品ラインナップの中から選んだことはないのですが、機会があれば手に取ってみてください。

要点

ネットビジネスをするときに多くの人がやっているSNSでの集客やサイト構築、SEOやアフィリエイトやアドセンス、なんやらかんやら。

全て間違いです。

というのがこの本のビッグアイディアです。

我々がやっていることは、何もない荒野にポツンと一軒家を建てて、そこを東京や大阪やニューヨークのような大都市にしようとしているようなものなのです。

だったら最初から大都市に行けば人がいるんだからそこで物を売れ、というお話です。

具体的にはAmazonとかeBayのようにすでに人が集まるところでデジタルコンテンツなどを作って売る。特に電子書籍がオススメとのこと。

とはいうものの、大事なのは相手に対してどれだけ有益な情報を与えるコンテンツであるか、という点で内容さえあれば動画でも電子書籍でも何でも良い、ということです。

要するに、人集めとかお店の構築に時間の手間とお金をかけるのではなく、すでに人が集まっているところで売る仕組みが世の中にはたくさんあるのだから、そこでコンテンツで勝負するのが一番と。

この本でひとつだけ何か拾うとすれば、この話しかないと思います。