blog.tmp.work

副業などのお話

12週SW講座2【26】第3週目・3-2 DRMの基本原理

おかげさまでアンケートも回答をいただけたりして少しずつではありますが前へ進んでいます。アンケートお願いの文章も突き詰めてみればセールスライティングと言えるかもしれません。

第3週: ダイレクト・レスポンス・マーケティングの基礎

復習の意味で少しずつ記録していきます。

3-2 DRMの基本原理

前回に続きこの週ではダイレクト・レスポンス・マーケティングについて学んでいきます。内容的には少し前回と被るところがあるかもしれません。

そもそもDRMとは?

前回も書きましたが、DRMとは具体的にどんな意味なのでしょうか。

  • ダイレクト → 直接
  • レスポンス → 反応

ということで「直接反応型」のマーケティングということができます。まだ抽象的で分かりにくいですね。もう少しいうと、

「広告を見た人から直接反応をもらうことで客との関係を築く」

となります。お客さんから反応をもらい、関係を築いていく形でマーケティングをしていくのです。

どんな特徴が?

DRMの特徴はズバリ費用対効果です。中小企業にとってはとても重要なマーケティング手法です。いくら広告費がかかっていくら売れたのか計測できるのがDRMの一番のメリットと言えると思います。

よくアンケートとかで「このご案内をどこでお知りになりましたか?」という感じの設問があるものはDRMですね。私書箱を変えるとか送信先アドレスを変えるとかいろいろあります。

それによって雑誌やメディアなどによってどの程度反応が異なるかを計測できるのです。そして、測れるということは改善ができるということになります。

  • ジャパネットたかた
  • 再春館製薬
  • やずや