blog.tmp.work

副業などのお話

12週SW講座2【24】第2週目・2-11 オススメ本・参考コンテンツについて

3月の中旬に勉強した内容の今頃のアウトプットです。思い出しながら復習していきます。

第2週: 行動心理

2-11 オススメ本・参考コンテンツについて

ほぼ2週目の最後の話です。参考図書のお話です。課題図書ではないので興味があれば、という感じで読んでおくことが勧められている本です。なるべく講座で勧められた本は実際に購入して読んでいくようにしています。

ここで紹介された本も買って読んでいます(まだ途中ですが)。

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

ロバート・チャルギーニという人の「影響力の武器」という本です。まだ4章あたりを読んでますが、とても面白いです。セールスの本というよりは心理学の本です。

6つの「武器」について解説されますが、主だった話は次の通りです。

返報性の法則

何かをもらうとお返しをしたくなる心理。だから無条件で何かもらってしまうと相手の言う通りにしないと申し訳ない、という心理が働くという法則です。

コミットメントと一貫性

一度Yesと言ったら変えたくない、という心理です。何かを一度決めるとその決定に従って行動したくなるという話です。

社会的証明

人が良いと言っているものは良いだろう。例えば行列のできるラーメン屋は食べたことがなくても美味しいお店だと思って並んでしまう、とか。

行動を自分で決めることができるのは全体の5%しかいなく、残りの95%は5%の人たちの行動に従う、という少しショッキングな話です。

大多数の人に行動をとらせるのが大事。

希少性

いわゆる「レア」なもの。価値があるのはわずかなもの。手に入りにくい、数が少ないものは欲しくなる、そんな話です。

24時間365日いつでも受け付けています、というセールスはダメだという例です。いつでも受け付けているのであれば「後でいいや」とか「明日でいいや」となります。そうなるとお客さんは絶対に買ってくれません。

希少性がないものは後回しにされます。限られた個数、人数しか得られないものほど人は欲しくなります。

まとめ

最初にも書きましたが、マーケティングの本ではなく心理学の本です。なのでセールスライティングに興味がなくても読んでみると面白いと思います。話も具体的で、こんな実験をしてみたらこんな結果になった、という話がたくさん出てくるので具体的でわかりやすいです。

急がずにじっくりと読みたい本です。