blog.tmp.work

副業などのお話

12週SW講座2【7】第1週目・1-5 2つのインプット方法

今回の記事では書籍に関する話題が登場します。最近は部屋の片付け、断捨離、ミニマリストなどを目指して活動もしているので本は基本的に電子書籍です。この講座の中で紹介されている本も基本的には電子書籍で読んでいます。紙の本しか手に入らない場合は紙で読んだ後に自炊で電子書籍化しています。基本的にはiPhoneやiPadですべて情報は見れるようにしておきたいと考えています。

第1週: コピーを学ぶにあたっての、超ベーシックなマインドセット

1-5 2つのインプット方法

前節で「好奇心の隙間理論」という話が出てきて、何かを学んでいると新しい知識を身に着けることでまたわからない・知らないことが出てきてその未知なる領域を埋めたくなって延々と終わりがなくなってしまい、本質的なことからどんどん離れていってしまう危険性について語られました。とは言ってもセールスライティングの勉強をするにあたり、たくさんのインプットとして読書は重要であるというのがこのセッションでのテーマです。

Input No.1 読書の習慣をつける

上にも書いた通り、読書は重要。特にこの講座では2冊の課題図書が提示されて最低限それは購入して読んでください、というものが出てくるとのこと。すでに1週目については過去に一度聞いているので課題図書の1冊目は読みました。その1冊目はジェイ・エイブラハム著「ハイパワー・マーケティング」という本です。

新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方

新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方

この本はKindle版もあります。私が持っているのはKindle版です。iPhoneやiPadでいつでも読めるので便利です。内容に関してはまだあんまり理解しきれていないのですが、マーケティングに関して多くの書籍でこの本から引用、ベースとされたもので読んだことのあるような話というのが出てくるかもしれないが、それはこちらが本家です、という内容から始まります。自分がまだ詳しくない分野の本なので、どの本が良くてどの本が良くないのかは判断できないので講座で紹介されたものをひたすら読み込んでいくことにします。現在2回目を読んでいる最中です。

もう1冊の課題図書については現時点で聴いているところまででは出てきていません。推薦されている本はたくさんありますが。その中から1冊だけ私が呼んだものをご紹介します。

人を動かす 完全版

人を動かす 完全版

D・カーネギー著「人を動かす」です。この本もセールスライターは定期的に読むべきと講座の中で出てきます。この本は必ずしもマーケティングに関する本ではなく、あくまで人間関係について述べた本です。書かれた時代も古く、80年近く前みたいです。それでも現代の人の心に響く新鮮な内容と人間関係において何が重要なのか、その名の通り人を動かすにはどうすればいいのか、そういった点が分かりやすい文章で書かれています。時代時代でいろいろな文庫版とか新装版とか出ているようですが、最も新しいのはここで紹介した完全版だと思います。とりあえず今から読むならこれが良いかと。当然Kindle版もあります。

Input No.2 実際に書いてみる

これは前回のセッションでも言われていたこと。知識を蓄えていくのは当然のこととして、最終的にこの講座の目標はセールスレター・セールスコピー・コピーと呼ばれる文章を書きあげることが目的なので、実際に書いてみることが重要と述べています。そのため、各週の終わりには「宿題」が出されて実際に12週間が終わるまでに宿題をこなしていくことでセールスレターが書きあがるような流れになっているようです。実際の書く作業は2週目の終わりの宿題から始まります。

まとめ

  • 読書をたくさんする。
    • 課題図書だけではなく推薦図書もできるだけ読むようにする。
    • たくさんのインプットが重要。
  • 実際に書いてみる。